体育会系学生の就活サポート|体育会・スポーツ学生の為の就職支援サイト

内定までの流れ

リクルーターと面談

就活スタート前の漠然とした質問にもお答えします。
就職活動はイメージしにくいものですが、今後のキャリア形成においてとても重要であり、人生の大きな分岐点でもあります。
人生を左右する大きなイベントである就活の第1歩は「自分を知る」こと。そして自分の価値を把握し「言語化」することが最も重要です。
人生には無数の選択肢がありますが、数ある選択肢の中から過去のあなたがどのように考え、何を選択してきたのか。競技の成績やチームの成果ではなく、あなた自身が目的に向かってどのように取り組んできたのか。
今までの人生を振り返り、自分を知ることは企業を選ぶ上でも、社会に出てからも必ず役に立ちます。有名な企業に入社できたからといって、必ずしもそれが就活の成功であるというわけではありません。
大切なのは企業が求めていることとあなたの才能が交わること。
自分を知るということは自分と向き合うことなのです。
あなたの言葉で、部活動やスポーツを通じて得たことや、体育会学生ならではの挫折、努力、成功を話していただくことで、あなたの強みや潜在的なポテンシャルを引き出し、「言語化」する為にしっかりサポートします。

自己分析

『自分を知る』ということがまさに自己分析ですが、これまでの経験や思考を整理し、自分の能力や性質、強みと弱み、更には将来像を理解することで、就職活動全体の方向性を定め、企業選びの軸となります。

自己分析の目的は

 

“自分がどんな人なのか”
 ”なぜその企業を選んだのか”
 ”入社後どのように活躍できるのか”

という企業側が知りたいことを自身で理解し自分の言葉でアピールできるようになることです。
いざ、実際に自己分析を始めようと思っても、やり方がわからないという就活生も多いと思います。
そんなあなたの為に自己分析の方法をご紹介します。

就活では嫌というほど自分について聞かれます。社会に羽ばたこうとするこのタイミングで自分の人生を振り返り、自己分析をすることは会社に出てからも、今後の人生においても必ず役立ちます。
自分を知ること、未来を成功へと導くためにはまず、行動することが大切です。

企業へのエントリー

各企業、エントリーシートの内容や志望動機の書き方が異なりますので、その都度書き方をアドバイスし全面的にバックアップします。
また、現在日本には168万社以上の企業があると言われています。その中からあなただけでは探しきれない企業を私たちが紹介します。

エントリーとは企業に対し、興味があるという意思表示です。
方法は2つです。

1.各企業ホームページからのエントリー
2.採用サイト経由のエントリー ほとんどの体育会就活生は採用サイトを利用しています。
エントリーの目的は説明会やセミナーなどの情報を得る為と本選考へ進むためです。

エントリーと選考は別のものなのでエントリーしたからと言って必ずしも選考に進まなければならないというわけではありません。

期限がある場合も多いので興味がある企業を探せたらまずはエントリーしましょう。体育会学生は部活動、練習、大会等でエントリー数は一般学生よりは少ないですが自己分析で見出した強みを生かせる企業を見つけるのが得意なので、内定獲得率は高いという特徴があります。一方で『先輩がいるから』『監督に勧められたから』という理由から視野が狭くなりがちなので注意が必要です。ネームバリューや紹介だけではなく、企業の求める人物像の情報を得ることも大切です。

選考

選考の回数や内容は様々です。各企業に合わせ選考前にコツを伝授します。
選考とは企業が入社後に活躍できる人を選ぶことです。
書類選考、筆記試験、Web テスト、動画選考、グループディスカッション、面接と様々な選考方法があり、企業によって様々です。

選考では、いよいよ自分のことを直接企業に売り込みます。緊張したり不安なことも多いと思いますが、受験のように能力が一定以上ならどこでも内定がもらえるというものではありません。演じることなく、自分らしく、うまくいかなくてもその経験を次に活かし 1 歩 1 歩ステップアップして新しい扉を開いていきましょう。

多くの就活生は選考を進める中で本当にやりたい事を見つけています。失敗を恐れず行動することが成功への近道です。

内定獲得

企業から内定をいただいたら「内定承諾書」を提出して初めて入社できます。
就活の進行状況により提出のタイミングもあなたと一緒に考えます。
内定とは卒業後、企業で働くことを決める契約です。内々定は内定を出せるようになるまでの口頭での約束という違いがあります。

入社の意思を伝え、「内定承諾書」が手元に届いた段階では、企業が入社の許可を出したに過ぎません。必要書類を揃えて企業へ送り返して本当の意味での採用となります。
期限がある場合も多いので注意が必要です。
また、内定者懇親会という内々定の学生との交流会を実施する企業も増えてきています。
社員の方々と触れ、人柄や実際の業務内容などを聞けるチャンスなので、積極的に参加することをお勧めします。

Contact

お問合わせ

就活の事なら、なんでも相談ください。
自己分析の仕方や企業選択の方法、面接対策まで、お気軽に!遠慮は無用です!

LINEでお問合せ

メールでお問合せ

公式SNS